美味しい神戸牛を通販して自宅で食べたい!

koubegyutarou週1回神戸牛を食べるくらい神戸牛好きの私(管理人:神戸牛太郎)が、美味しい神戸牛通販・お取り寄せできるお店をランキング形式でご紹介するサイトです。

極上に美味しい神戸牛。その味わいは、他の和牛・国産牛と比べてみても明らか。口に入れた瞬間とろける味わいは、神戸牛ならではの絶妙な霜降りにあり。牛肉本来の旨味が口いっぱいに広がりながら、あっさりと食べれるのは神戸牛だけ。

ステーキ、焼肉、すき焼き、あらゆる肉料理にも合う最高級の和牛です。
外食でしか食べれなかった神戸牛ですが、通販することでご自宅でもその極上の神戸牛が食べれます。

  • 神戸牛を通販できるお店を探している
  • 本物の神戸牛を自宅で食べたい
  • プレゼントや贈り物で神戸牛を贈りたい
  • 御歳暮や御中元で牛肉を贈って喜ばれたい

そうお考えならばぜひ当サイトを参考にしてください。
神戸牛マニアの私が高品質で美味しい神戸牛を提供できるお店をご紹介します。

神戸牛の通販おすすめランキング

ranking1 神戸牛ドットネット

神戸牛を通販するなら神戸牛ドットネットがおすすめ。
神戸牛の中でも最高級A5等級ランクだけを扱う神戸牛専門店。

神戸元町にステーキ店・鉄板焼き店の実店舗がある実績あるお肉屋さんです。

確かな目を持つ職人さんが、神戸牛を1頭分を購入するから品質の高い神戸牛が安くお取り寄せすることができます。
また、ステーキ肉はもちろんあらゆる部位の神戸牛が購入できます。

もちろん、家庭用としても、ギフトとしてプレゼントや御歳暮・御中元にも通販できます。

神戸牛を通販するなら間違なく神戸牛ドットネットさんがおすすめ。

>>「神戸牛ドットネット」詳しくはコチラ<<

神戸牛ドットネットの口コミ

T.Nさん
家でも高級な神戸牛が食べたいということで、神戸牛ドットネットさんで通販してみました。
焼肉用として購入しましたら、お肉の柔らかさや、肉の旨味が今まで食べた牛肉と違って最高でした!さすが、神戸牛の中でも最高級のA5ランクだなと実感。次はステーキ肉を購入したいと思います。
U.Yさん
神戸牛のステーキ肉をお取り寄せしました。
他の牛肉はもう食べれない、それくらい美味しいお肉でした。
霜降りが綺麗で、口入れたらとろけるくらいの柔らかさと肉汁。でも、胃もたれしないあっさり感は、本当に最高です。
K.Sさん
御歳暮として実家に神戸牛を送りました。
とは言っても正月に家族で皆で食べるようですが。(笑)
神戸牛ドットネットさんは、ギフト用コーナーがあって便利でした。お肉も木箱に入っていおり、熨斗も対応してれるし送料無料も多くて助かります。
次も神戸牛を贈る時にぜひ利用したいと思います。

 


ranking2 神戸元町辰屋

明治創業の老舗お肉屋さん神戸元町辰屋
元町に実店舗を構え、高品質な神戸牛を販売されています。

TV「秘密のケンミンSHOW」でも紹介された神戸牛佃煮・しぐれ煮は絶品です。
もちろん神戸牛のステーキ肉・焼肉用なども高品質な神戸牛も大人気。

海外でも人気の神戸牛、その味や特徴とは?

gyu日本には様々なブランド牛が存在していますが、その中でも有名な品種の一つが日本三大和牛として数えられることも多い神戸牛です。

メディアなどに何度も取り上げられていて、その味の素晴らしさもさることながら、高級牛肉としても知られています。

贈答用などにも使われ、ただ食肉としてだけではなく、様々な場面で利用されるお肉です。

神戸牛とは

よく勘違いされますが、神戸牛というのは実際の品種ではありません。
正式名称は「神戸肉」と言い、「神戸牛」というのはあくまで通称で、
兵庫県で生産された但馬牛の中で一定基準を満たした枝肉が名乗れるブランド名です。

基準を満たさない肉については、元々の品種である但馬牛として販売され、明確に分けられています。
この基準は国内で一番厳しいと言われていて、だからこそ「神戸牛=美味しい牛肉」という信頼を守れていると言えます。

 

 神戸牛の特徴

yakiniku神戸牛の特徴は、肉全体に入った脂身(サシ)のきめ細かさと質です。
神戸牛の脂身は、赤身に細かく入りいわゆる霜降りという状態になりますが、このサシの入り方がとても細かくなっています。
これによって焼いた時に脂が溶け出し、とろけるような柔らかい食感になります。

海外の牛肉は、神戸牛と違って基本的に赤身肉に脂身が入るということはほとんどありません。品種が決定的に違ううえ、神戸牛になれる但馬牛は「いかに肉質や脂を美味しくするか」を徹底的に追求されているからです。
同じ但馬牛でも血統によってサシの入り方は違うため、交配の段階から徹底しています。

また、脂身の質というのも違います。
神戸牛の脂身は融点が低く人肌程度の温度でも溶けていくと言われ、脂身もオレイン酸などを多く含むためさっぱりとしていて、胃にもたれることは少ないです。
他にも、肉自体にもうま味成分であるイノシン酸の量が他の牛肉よりも多く、成分的にも美味しいというわけです。

 

海外でも人気が高い神戸牛

kaigai神戸牛は、日本国内の知名度はとても高いのですが、実は世界的にも有名な牛肉となっています。外国では和牛ブランドの中でも一番の知名度となっていて、「Kobe Beef」は欧米を中心に高い評価を得ています。

神戸牛は海外へも輸出されていますが、その量は決して多くはありません。そのため、偽ブランドまで出回るほどで、本物の神戸牛はお店同志の奪い合いになることもあります。

インターネットを利用すれば、日本中どこからでも神戸牛を購入することが出来るようになりました。
神戸牛を提供する店も増えていますし、リーズナブルな価格で食べられるというお店も増えています。
昔よりもはるかに身近になった神戸牛、一度は味わってみてはいかがでしょうか。

 

神戸牛を激安で購入したい!

高価な神戸牛をできれば安く、激安で購入したい!と考えている人も少なくありません。

神戸牛は、高品質な和牛なので激安で通販できるお店を探すのは至難の業と言っても過言ではないでしょう。やはりそれなりの品質のものは、安く手に入れることは難しいのが現状です。

実際に楽天などのショッピングモールでも神戸牛はたくさん販売されていますが、どれもそれなりの料金はします。
外国産や無名の国産牛なら激安でお取り寄せすることは可能ですが、ブランド牛である神戸牛はそれに見合った金額はします。

なので、神戸牛の通販で激安店を探すのは無理・・・。
しかし、できる限り安く神戸牛を手に入れる方法があります。

激安で神戸牛を購入するなら訳あり・お徳用

otokuyou
それは、訳あり商品で購入することです。
訳あり商品とは、形が不揃いな切り落としのお肉など見栄えが良くないものなどが挙げられます。

もちろん、見栄えが悪いと言っても、味は本物の神戸牛なので品質には間違いありません。そういった不揃いな切り落とし肉などが「訳あり」や「お徳用」として販売されています。
そういった物を選べば、神戸牛を通販で激安購入することが可能です。

例えば、人気の神戸牛ドットネットさんでも、お徳用の神戸牛が販売されており、切り落とし400gなら1,800円から購入することが可能です。>>「神戸牛ドットネット」詳しくはコチラ<<

神戸牛を激安で購入したいならば、そういったお徳用や訳ありの商品を選ぶこと。
もちろん、正真正銘の神戸牛なので、味わいは極上です。

 

神戸牛の定義・但馬牛との違い

koube-gyu1日本一美味しい牛肉と言われ、外国人観光客からも絶大な人気を誇るのが「神戸牛(こうべぎゅう)」です。それでは神戸牛の定義とは何でしょうか。

まず神戸牛の前に、兵庫産の牛「但馬牛(たじまぎゅう)」のことを知っておきましょう。但馬牛も立派なブランド牛で、とても美味しいお肉なんです。

但馬牛とは、兵庫県で選び抜かれた優秀な雄牛だけを歴代交配しつづけたものです。さらに繁殖から肉牛として出荷されるまでの期間を、但馬牛ブランドの登録会員の生産者が育てあげることが条件になります。

そして飼育をする場所は兵庫県に限り、兵庫県内の食肉センターに集荷したものに限定します。
また生後28か月以上から、60か月以下の雌牛、去勢牛で、歩留等級、肉質の等級がAかB以上のものに限定されます。

ちなみに歩留等級とは、一頭の牛からとれる、食べられる部分の割合が多いかどうかというランク付けで、肉質等級とは、霜降りの割合や色、肉質のきめ細やかさ、脂肪の質などを総合的に判断したものです。
つまり但馬牛は、兵庫県で選りすぐりの牡牛から生まれて、育成のスキルが確かな生産者が兵庫県内で育て上げたものであり、しかもその中から一握りの最高級の肉質を誇る牛だけが名乗れるブランド名ということになります。

但馬牛の凄さがお分かりいただけたかと思います。
神戸牛は、これだけすごい但馬牛の中から、さらに厳選されたものだけが名乗れるブランド名です。

但馬牛の中で、子供を生んだことがない牛、さらに去勢された牛の中で、格付けが最高のA5またはA4のものだけが神戸牛を名乗ることができるのです。神戸牛がいかに厳選された美味しいお肉だということが分かると思います。
逆に「但馬牛もすごい!」ということも分かっていただけたのではないでしょうか。

但馬牛のA4、A5ランクの牛は、神戸牛と匹敵するくらい最高級のお肉ということになります。
これから焼肉屋さんで但馬牛や神戸牛を見た時は、「エリートの中から選び抜かれたエリートのお肉だ!」と感慨深くなりそうですね。

このページの先頭へ