牛肉をギフトやプレゼントとして贈る時の注意点

牛肉はちょっと贅沢をしたいと思った時に食べたくなる食材の一つです。
その為に、最近では牛肉をギフトとしてお世話になった人に贈る人も増えています。

牛肉に通販サイトも幾つかあり、贈答用にメッセージやのしを付けたりというサービスも提供しています。大変便利なサービスですが、お歳暮やプレゼントで牛肉を人に贈る際は幾つか注意するてんがあります。

 

ブランドはどうするのか

牛肉と言っても様々なブランドがあります。
人に贈る際にはどのブランドの牛肉にしたら良いのか迷う人もいます。

代表的なものに「松坂牛・神戸牛・米沢牛・近江牛・宮崎牛」などがありますが、基本的には良く知られている国産ブランドならばどこの牛肉でも大丈夫です。

但しA5ランクのものを選ぶことが大切です。牛肉はランクにより味に違いがありますが、贈答用ならば国産の有名ブランドのA5ランクを選べば間違いありません。

おすすめは神戸牛!「神戸牛の通販おすすめランキング

 

家族の人数を考える

牛肉のギフトは、殆どはグラム数で値段が変わります。
相手が夫婦二人暮らしなのに800グラムや1キロの牛肉を贈ったり、逆に子供や孫がいる人に500グラムしか贈らないのでは、気の利かない人と思われてしまいます。

相手の家族構成を考えてグラム数を決める様にしましょう。

 

きちんとした外装で贈る

贈答用ですから、外装は紙箱よりもきちんとしものにするのがおすすめです。
肉類は贈答用では木箱に入れることが多くなります。

百貨店の贈答コーナーでは贈答用というと「木箱にしましょうか」と勧められますし、通販サイトで購入する際には外装で木箱を選べる様になっているところがあります。

高級感があり、品質も保持できるので有料でも木箱で贈った方が喜ばれます。

 

個包装になっているものがおすすめ

贈られた家庭の食卓事情で、一度に食べきれずに残るばあいもあります。

牛肉の通販サイトには、鮮度を保つ為に1枚ずつ、或いは決まった量ずつ個包装になっているものがありますので、利用すると良いでしょう。

解凍する時も楽なので喜ばれます。

 

ギフト券も考えてみよう

相手がすぐに牛肉を食べてくれるか分からない場合には、ギフト券を贈るのもおすすめです。ギフト券ならば、牛肉が食べたい時に業者に連絡をするだけで牛肉が届きます。
カタログの有効期限も半年位と長いので、先方ゆっくりと牛肉を選ぶことができます。

 

【まとめ】

どうせギフトを贈るのだから、美味しいと思って貰えるものが良いですね。
牛肉ギフトは自宅で美味しい牛肉を味わえるので、先方もきっと満足してくえることでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ