牛ホルモンの部位と魅力

焼肉と言えば、牛のロースやカルビが定番です。
ロースは背中側、つまり肩から腰にかけてついている、厚みのある肉です。
カルビは、背中とは反対側の、あばら骨の周辺についている肉です。
どちらも牛肉の旨味がギュッと詰まっているので、高い人気があります。
詳しくコチラ:牛肉の部位について

そしてロースやカルビ以外の肉は、一般的にホルモンと呼ばれています。
ホルモンとは正確には内臓肉のことですが、内臓以外の部位、たとえば舌の肉や尻尾の肉なども、焼肉ではホルモンの仲間としてまとめられていることがあるのです。

これらには、ロースやカルビとは異なる独特の食感と風味とがあります。
しかも部位ごとに特徴が違っているので、飽きにくいと言えます。
そのため焼肉では、むしろホルモンを好んで食べるという人も多くいます。

ホルモンは多数ありますが、その中でも以下のものが特によく食されています。
ホルモンにはどんな部位があるのか一覧にまとめました。

牛肉ホルモンの一覧

チェック タン
タン=牛の舌です。さっぱりとした風味でヘルシーなので、女性からは特に人気があります。焼肉では最初に塩タンを食べるのが定番でもあります。

チェック テール
テール=牛の尻尾の肉です。美肌成分のコラーゲンが豊富なので、やはり女性に注目されています。スープなどによく使用されます。

チェック レバー
レバー=牛の肝臓です。鉄分など栄養分が豊富にもかかわらず、牛肉の中では比較的低カロリーです。ニラレバなども栄養価が高く人気があります。

チェック ミノ
ミノ=牛の第1胃です。乳白色をした肉で、コリコリとした食感が特徴です。焼肉でもホルモンといえばミノという人も少なくありません。

チェック ハチノス
ハチノス=牛の第2胃です。文字通り蜂の巣のような見た目で、弾力があります。焼肉はもちろん、ホルモン鍋やイタリアの煮込み料理にも使用されます。

チェック センマイ
センマイ=牛の第3胃です。表面がザラザラとしていて、歯ごたえがあります。味は淡白で、さっぱりとしています。焼いても美味しいですが、生センマイも人気があります。

チェック ギアラ
ギアラ=牛の第4胃です。さっぱりとした赤ギアラと、こってりとしていて肉厚の白ギアラとがあります。赤センなどとも呼ばれ、ホルモン好きには人気の部位です。

チェック ヒモ
ヒモ=牛の小腸です。脂身が多く、ふっくらとしていてジューシーです。マルチョウとも呼ばれ、こちらもホルモン好きにはたまらない逸品です。

チェック テッチャン
テッチャン=牛の大腸です。小腸と比べると硬く、十分に焼くことでカリカリとした食感も楽しめるようになります。

このようにホルモンの種類は多く、それぞれに違った魅力があるのです。
部位や品質にもよりますが、ロースやカルビよりも価格が安めに設定されています。
その分たっぷりと食べることができるため、その点からも好評となっています。

関連記事:神戸牛を通販するならここ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ